東大個人指導塾、3月1日駒込駅前に開校。

 

 

千代田区番町で14年。

 

 

地元住民にご愛顧頂いている

『東大個人指導塾』が、

駒込駅前に二つ目の校舎を開校します。

 

 

現役東大生による完全マンツーマン指導で、

お子様の成績を圧倒的に上げて見せます。

 

 

今までどんな塾に通っても、

「結果」が出なかったと

絶望しているあなた。

 

 

あなたの責任ではありません。

塾の選択を間違えたのです。

 

 

本当に「結果」を出すには、

「先生の質の高いマンツーマン指導」

でなくては意味がありません。

 

 

巷のフランチャイズ教室とは違った、

本物の「レベルの高い指導」をお求めの方に、

心を込めて贈ります。

 

 

東大生によるマンツーマン指導

 

現役の東京大学の学部生および大学院生が、完全担当制でお子様の学習指導を致します。学年最下位のお子様から、学年トップのお子様まで、どんなタイプの子供にもぴったりの先生がいます。「外れ」の先生は一人もおりません。

どんな科目でも質問できる自習室

 

東大生にどんな科目の質問でもできる自習室が完備されています。学校からまっすくここに来て、宿題も勉強も、すべてここで終わらせる習慣を付けましょう。勉強で大切なのは、メリハリと集中力。家で勉強する時代は終わりました。

LINEで先生がスケジュール管理

 

LINEを使って、担当の先生が、直接お子様の質問に答えたり、出席管理を致しますので、親御様は手間がかかりません。<塾長ー先生ー生徒ー親御様>の四者が、緊密な情報共有をしています。


他塾にはない、個性的で合理的なシステム。


広いブースに巨大白板

完全個室型のブースで、集中して勉強ができます。壁全体が特殊なホワイトボードになっており、板書中心の本格的な指導が可能になっています。

無料コンサルティング

教育業界歴三十年、元代ゼミ講師の坂本が、「営業」抜きでどんな相談でも承ります。一緒に、解決策を探りましょう。必ず道は開けます。

駒込駅前徒歩1分

駒込駅南口および東口から徒歩1分の、駅から最も近い塾。通塾が苦になりません。気軽に寄って勉強をして帰って下さい。自転車でもOKです。

月額39,800円のみ

教育は「消費」ではなく「投資」。リターンまでに時間差があるために忘れがちですが、教育ほどローリスク・ハイリターンの投資はありません。


「弱者は弱者を救うことはできない」


 

 

あなたは、すでに色々な個別指導塾を

見て回っているのではないでしょうか?

 

 

「個別指導塾はどこもみな一緒」

「料金だけ比べればいい」

そんなふうに思っていはいませんか?

 

 

確かに、皆同じにしか見えないのも無理はありません。

 

 

理由は簡単です。

 

 

都内の個別指導塾は、

ほとんどフランチャイズ教室だからです。

 

 

そう、コンビニと同じシステムで動いているというわけです。

個性など、そもそもあるわけがない。

 

 

いきおい「値段しか比べようがない」となるに違いありません。

 

 

しかし、東大個人指導塾は違います…。

 

 

申し遅れました。

私は、東大個人指導塾塾長の

坂本英知(さかもとえいち)と申します。

 

 

大学時代の塾講師のアルバイト経験から始まり、

プロ家庭教師時代、代々木ゼミナール講師時代を経ながら、

かれこれ三十年近く教育業界に身を置いています。

 

 

そしてつくづく思うのは、

塾業界がいかに「ブラック」か、ということです。

 

 

成績不振の子供を抱える親の不安に付け込みながら、

完全に営利のみで動いている悲しい現実があります。

 

 

毎月の売り上げ目標を掲げながら、

相談という名の「営業」をかけているような状態です。

 

 

特に、あなたに知っていてほしいのは、

「普通の」個別指導塾の先生のレベルの低さです。

 

 

「プライバシーのために…」

と言いながら、

先生の学歴を明らかにしない個別指導塾が多過ぎです。

 

 

これはなぜでしょうか?

 

 

ずばり、お客様に不安を覚えさせるような大学の

自称の「先生」だからです。

 

 

報道を見てもわかるように、

近年では、個別指導塾のブラック化が激しいです。

(個別指導塾講師の労働組合ができました)

 

 

営利至上主義の職場環境・長時間労働・賃金の未払いなど、

枚挙にいとまがありません。

 

 

思いやりのある良心的な先生ほど去って行きます。

残るのは勉強のそもそも苦手なインチキ先生ばかり、

ということになります。

(難しい問題を質問しても答えられません)

 

 

当塾は、実は「お客様第一」ではありません。

 

 

「先生第一主義」。

 

 

先生を一番に考え、大事にすることによって、

非常に優秀な先生が集まり、定着するという好循環が生まれています。

 

 

マンツーマン指導では、

何よりも<先生の質>が結果を大きく左右します

 

 

そもそも、勉強の苦手な自称の「先生」に

学問を教えることが<できる>のでしょうか?

 

 

質問にまともに答えることが<できる>のでしょうか?

 

 

私の経験上、それはNOです。

 

 

たとえMARCHレベル(明治・中央・法政・立教・青山・学習院)

であっても、怪しい。

 

 

昔の昭和のイメージで、

これらの大学を考えるのは間違いです。

 

 

少子化に伴い、これらの大学は今、

非常に入りやすくなっているからです。

 

 

つまり、学生全体のレベルが下がっているのです。

 

 

結論を先に言ってしまえば、

東大生は学問の核を掴んでいるために、

説明が非常にわかりやすい。

 

 

「勉強の仕方」のコツも知っています。

 

 

だからこそ、東大に受かっているのです。

 

 

小手先のテクニックでは、

東大に受かることなどできはしません。

 

 

本当の理解と大量の練習量が

あって初めて、東大に受かっている。

 

 

彼らの「理解力」と「継続力」を侮ってはいけません。

そのへんの「普通の大学生」とは次元が違うのです。

 

 

「東大生ほど個人指導者として適した人材はいない」

というのが私の結論です。

 

 

そう言うと、お客様の中には、

「東大生には、勉強のできない子の

気持ちなんてわからないんじゃないですか?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 確かに、東大生は勉強の苦手な人の

「気持ち」はわからないかもしれません。

 

 

ですが、それの何が問題でしょうか?

 

 

「気持ちがわかる・わからない」ではなく、

「<実際に>成績が上がるか上がらないか」

が大事なのではないですか?

 

 

A:「気持ちはわかるが、成績を上げられない先生」

B:「気持ちはわからないが、成績を上げることのできる先生」

 

 

あなたはどちらを選びますか?

 

 

勉強のできない先生に、

勉強のできない生徒を救うことはできません。

 

 

いくら同情心があってもです。

 

 

貧しい人を救えるのは、お金持ちだけ。

体の弱い人を救えるのは、体の強い人だけ。

勉強のできない子供を救えるのは、勉強のできる人だけ。

 

 

この現実を直視して下さい。

 

 

そうすれば、

東大個人指導塾が一択であることがおわかりになるでしょう。

  

 

当塾には、東大生の中でも、教え方の上手な、

明るく、心の温かい先生が多いです。

 傲慢な人など一人もいません。

 

 

実際に会ってみればわかりますが、

本当に心の純粋な人が多いです。

(そのような先生を選んでいます)

 

 

もう個別指導塾で迷う必要はありません。

 

 

目の前に、あなたの子供の人生を大きく変える

チャンスがあります。

 

 

ぜひその手でつかんで下さい。

 

後悔はさせません。

 

 

お試し授業をご希望の方はこちらからどうぞ!


メモ: * は入力必須項目です