勉強の理想の形「映像授業並走コース」

目的


他社の映像授業の完全理解を目的とします。

指導方法


・他社の映像授業の進度に合わせます。

・映像授業の内容について、先生が質問を受け付け、詳しく解説します。

・また類題を数多く解いてもらい、フィードバックを行うことによって、授業内容を身につけさせます。

坂本塾長からの一言アドバイス


私が知る範囲では、リクルートの『スタディ・サプリ』、学研の『プライムゼミ』の二つがお勧めです。講師のレベルが高く、また講座数も十分でしょう。しかしながら、こうした教材の唯一にして最大の欠点は、一方通行であるがゆえに、「結局は長くは続かない」ということです。どんなに良い参考者が存在しても、それを自ら手に取り、理解して、さらには問題演習を一人で完璧に行うのは至難の技。ほとんどの人が挫折し、うまく利用できるのはやはり偏差値60以上の生徒に限られるわけです。ところが、この最大の弱点に、一人担当の東大生をつけることによって、この問題は完全に解決します。また東大レベルの学生でなければ、こうした並走指導を行うことはできません。「普通の」学生では、受講している生徒と同じレベルのため、講義内容すら理解できず、何の役にも立たないからです。